Welcome Guest 
メニュー
最新のエントリ

コーチブログ - coachさんのエントリ

卒団式

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2017-4-2 22:54

2017.3.31卒団式を行いました。

 

 代表からのメッセージ、卒団生たちが話してくれた次の目標、後輩、父兄からの
言葉、どれも胸に響きました。卒団式では話が長くなってしまいましたが、自分が
最後に卒団生へ伝えたかったことは、要約すると「感謝の気持ちを忘れないこと」
「(教わるのではなく)自ら学ぶ姿勢を持つこと」「ピュアで学んだことを忘れな
いこと(そしてそれを活かすこと)」「継続すること」の4つです

 

 夢は叶えることができます。叶えられない理由を並べるのではなく、叶えるため
に必要なことを真剣に一つ一つやればよいのです。すぐに叶うかもしれないし、時
間がかかるかもしれません。しかし、やめたら叶いません。だから継続することが
大切です。6年間の活動で学んだ一番の事はこれです。そして、これは卒団生たち
から学びました。
 卒団生の皆さん、夢を叶えるために頑張ってください。卒団しても応援していま
す。今後の活躍を楽しみにしています。そして、縁があったらまた一緒にサッカー
をやりましょう。

 

 最後に、卒団生と父兄からいただいた手紙と記念品は一生の宝物です。6年間、
本当にありがとうございました。またピュアで会おう!okd

U−8 南部交流大会 優勝

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2017-2-27 21:59
先週末、U-7が同大会に出場し優勝したことを聞き、優勝するしかなくなったU-8!
プレッシャーを感じているかと思いきや、そのような心配はなく、中には楽しみすぎて5時30分に起きた選手もいたとか・・・。

試合は順調に勝ち進み、決勝の相手はまだ一度も勝てたことのない中田SSS!!
1-0でリベンジを果たし、見事優勝することができた。

1年前初めてこの学年を教えた時、あまりの言う事の聞かなさに激怒し、ある選手たちを練習からはずして叱ったこともあった。

そんなU-8の選手たちも少しずつではあるが、着実に成長してきている。

今回の結果に満足することなく、さらなる高みを目指してこれからも不撓不屈の精神でサッカーに精進して行こう!!
T.Unno

U12NTT県大会

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2017-2-7 0:38

 2017.2.4 遠州灘海浜公園球技場

1回戦 0−3 テンマ

 

 中部支部予選での逆境を乗り越え、首の皮一枚で掴んだ県大会の切符でしたが、

初戦敗退という結果に終わったことを非常に残念に思うのと同時に、心から反省し

ています。この場をお借りしてお詫び申し上げます。

 

 敗軍の将は兵を語らずと言いますが、敢えてこの試合を振り返るならば、敗因は

自分たちにありました。相手はチャンスをものにしましたが、自分たちはチャンス

をものにできませんでした。

 試合開始早々、何度も訪れたチャンスを自分たちは掴むことができませんでした。

こういう時は、水が手からこぼれ落ちるように、何をやっても掴むことができない

ものなのだと、今振り返るとそのように思います。

 前半の終盤頃、ハーフウェーライン辺りからの相手のフリーキックで先制され、

後半は何とか追いつき逆転しようとするあまり、(サイドから展開せず)トップへ

のパス一辺倒の戦い方になった結果、相手に的を絞らせるることになり、相手が戦

い易くなったと思います。並の相手であれば、そのような戦い方でも流れを引き寄

せることができたと思いますが、県大会出場チーム相手にはそうは行きません。特

に、相手は先の全日少県大会の準優勝チームです。

 大会前の練習試合でも劣勢になるとトップ頼みの戦い方になることが時々ありま

した。苦しい時こそ、慌てずに、一人一人が走る、ハードワークするということを

繰り返し伝えてきたつもりでしたが、身体に沁み込ますところまでには至ってなかっ

たことは反省です。

 そもそもこのチームが目指してきたサッカーは8人全員が走れなければ機能しま

せん。特にサイドの選手の運動量、スプリント回数は相当の量になります。加えて

他の選手もそれに連動し続けなければならず、1試合の消耗は相当激しいと思いま

す。しかし、全員が走り、連動したときのサッカーは非常にスピーディーでダイナ

ミックです。県大会でもそんなサッカーをして優勝するのが目標でしたが、夢のま

た夢でした。どんな試合でも力を発揮できないのは、心と身体の強さ、それを実行

する技術がまだまだ不安定な証拠です。

 

 NTT県大会はジュニア年代最後の県大会ですが、選手たちのサッカーはここが終

点ではなく、次の年代への通過点です。卒団するまでの残りの期間で、この敗戦で

得た教訓を活かして成長したいと思います。負けた瞬間、一瞬情熱の炎がふっと消

えかけましたが、まだまだ、もっともっと、今は、消えかける前より炎は大きくゆ

らめいています。

 

 最後に、会場まで来てくれた選手、父兄、このチームを気にかけてくれていた関

係者の皆様、応援ありがとうございました。また、期待に応えることができず申し

訳ございませんでした。結果を出すことはできませんでしたが、前を向いて次に向

かって進んでいきます。もし次があるならば、次こそは必ず優勝してみせます!  okd

ピュアFCニュースNo.13を発行

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2017-1-3 21:03

ピュアFCニュースNo.13を発行し、本日の初蹴りで配布しました。

圧縮版ですが、ダウンロードから閲覧/ダウンロードできます。

 

2017初蹴りを盛大に開催

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2017-1-3 21:01

2017.1.3ピュア初蹴りを開催しました

数年ぶりに会う選手たち

いい男になりすぎて最初誰だかわからないもの

一見ちゃらけているようだが、しっかり挨拶できるもの

みんなすっかり立派な大人になっていた

ボール一つでこんなに多くの仲間が集まれる

素晴らしい一日でした

yk

U-8 フットサル県大会 〜更なる成長へ〜

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2016-12-24 23:20
「ズドォーン」矢のようなシュートがゴールに突き刺さる!!

12月23日 掛川南部体育館しーすぽにて、U-8フットサル県大会が行われた。U-8にとって初の県大会!自分も指導者として初の県大会に気持ちが高揚していた。

試合は、アグレミーナ浜松の選抜チームに敗れ、惜しくもプリンスリーグ三位という結果で大会を終えた。たが、今回の県大会で大きな収穫を得る事が出来た!!それは最後の試合での事・・・

三位決定戦! メンバーを入れ替えて戦った。5−1で勝利し、そのうちの2点は途中交代で出場した選手が得点した。特に印象的だったのが、K.F選手の得点シーン!!(FK)彼の右足から放たれたシュートは、相手の壁を通り抜けゴール左隅に吸い込まれた!!観客もどよめくスーパーゴールだった。

ふだんからおとなしく、イケイケの選手ではないが、このスーパーゴールが彼のこれからの成長を物語っている。そしてなによりも、これからのU-8の更なる成長のきっかけになったと思う。

本大会でも話を聞く態度や、集合、荷支度など、まだまだな部分が多々見られる。
自分自身も指導者として未熟である。だからこそ、彼らと成長していかなければならない。

市予選で見せた悔し涙、初挑戦となった県大会での経験、一人の選手が見せたゴールがU-8のこれからの成長の懸け橋となってくれると信じている。
T.Unno

U−9トヨペットカップ

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2016-12-19 22:40

 U−9キラキラトヨペットCUPに出場しました。

必ず女の子がピッチにいなければいけないというルール。

普段、南部会場で練習している二人の女の子が出場しました。

今までまったく試合には参加していない二人。

男の子の試合に参加するのはちょっと嫌だったみたい。

そんな二人には絶好の機会となりました。

試合会場はエコパスタジアム!

デビューの舞台は整った!

 

二人は可愛いだけでなく、一生懸命ボールを追いかけ、積極的にプレーする姿を見せてくれました。

そんなアイドルを目の前にして、

ウォーミングアップから顔がニヤけて集中力を欠く選手たち↓

しかし、スポンサーの意向で各ブロックの1位のみ表彰されると聞いて燃えました↑

 

エコパスタジアムの素晴らしいピッチ、3試合とも勝ち、金メダルをもらいました。

二人の女の子もどうやら楽しかったみたい◎

 

DaiichiTVにもインタビューされてたし、ゲストの矢野貴章とも写真撮ったし、思う存分楽しみました。

23日のテレビ放送も楽しみですね。

O−izm

U−7エコパカップ

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2016-9-29 0:10

 今年もU7がエコパカップに出場しました。

エコパスタジアムという大きな舞台で多少の緊張感はあったものの

開始10秒、電光石火の一撃が決まり、これで全体の動きが良くなり、

全員が好パフォーマンスを発揮することができました。

その日、一日すべてが上手くいく結果となりました。

U7という年代であっても先制点と大舞台に強い選手の存在は重要ですね。

また、全体的に球際の頑張り、ゴールに向かう姿勢、ボールの奪い方やドリブルの運び方に成長を感じました。

19歳の若いコーチたちが低学年を担当し、選手の成長を支えています。

この半年間、日々のトレーニングを考え、土日の試合を分析して、またトレーニングをする。

若いコーチたちにとって、選手の成長や活躍が自信につながり、彼らも選手と共に成長しているのです。

O−izm

U−6キッズサッカーフェスティバル

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2016-9-7 0:40

ピュアFCチャイルド、U−6キッズサッカーフェスティバルに出場しました。

IAI日本平スタジアムのピッチでチャイルドチームが熱い試合をしました。

ピュアFCチャイルドメンバー+サッカー広場メンバーの総勢15名が参加し、日本平スタジアムの素晴らしいピッチで躍動しました。

お揃いのユニフォーム、芝生のピッチ、スタンドからの家族の応援、普段にはないシチュエーションにワクワクドキドキ。

チャイルドならではの珍プレー好プレーの連続。そして、全員が一生懸命ボールを追いかけました。

また、子どもたちがお父さん、お母さん、お爺ちゃん、お兄ちゃん、お姉ちゃんとドリブル競争やキックターゲットなど、様々なアトラクションやゲームを楽しみ、家族で日本平スタジアムのピッチを堪能することができる貴重な機会でした。

最後に参加メンバー全員にがんばり賞をいただきました。

チャイルド年代でも試合の経験が選手を成長させてくれます。また大会に参加しましょう。

O−izm

U12NTT県大会で勝利!

カテゴリ : 
コーチから
執筆 : 
coach 2016-2-14 14:57

2.13 遠州灘海浜公園競技場

1回戦 2−1 高洲南

2回戦 1−5 LIBELO

 

見事、強豪相手の1回戦突破しました。

6年生3人 それぞれ力を出し切り躍動しました。

応援ありがとうございました。

XOOPS Cube PROJECT
Copyright 2015 Pure Football Club All Rights Reserved